あらた先生
あらた先生が解説します!

○ リタイヤされた方
 65歳から老齢厚生(基礎)年金受給となります。なお、受給総額が減額されますが、早めに受け取り開始する制度もありますから、必要な方は社会保険事務所に相談しましょう。そして、病院にかかる方が増える年代ですが、年間の医療費が10万円以上かかった年は、確定申告して医療費控除を受けると、年金から源泉徴収された一部が還付されます。

 

 また、長生きリスクというちょっと冷たい言葉もあります様に、資産の把握と費用化の見直しが大切ですし、家のリフォーム費用の捻出、終身医療保険の加入も考慮された方がよいかもしれません。あと、財産の大きさに関わらず、相続について一定の配慮をされた方が、ご家族は安心できるというものです。万が一のために遺言状を作成する方も多いです。あとは、リタイヤ人生を趣味など悠々自適に過ごしましょう。

 

○ 年金も貯蓄も少なく老後生活が厳しい方
 このご時世ですから、かなりの人がこの状況下にあるのは事実です。確かに就業も手ですが、ご高齢となりますと給与面・健康面など全面的に苦しいでしょう。そのような方のためにこそ、最後のセーフティーネットとして生活保護が用意されてます。遠慮なく市町村窓口に申請しましょう。

 

 親族にまで及ぶ資力調査という人権侵害かとも思える評価もされますが、生きるためですからそこは割り切りましょう。昨今は受給者も数百万人いますので、目立つ事もありません。受給を却下されたら、すぐに弁護士に無料相談しましょう。中には役人を叱りつけてくれる頼もしい先生もいるそうです。、、、どうかよき人生を。

 

○ 上記は一般論ですから、個別具体的なご相談はファイナンシャルプランナーに御用命下さい。リタイヤメントプランニングのプロフェッションである国家資格者です。保険会社の窓口から独立系まで様々おりますので、無料相談からでも受けてみてはいかがでしょうか。

 

「あすも」のコンサルティング部門は、どんな案件も

完全予約制・前金制 で 30分 2,200円(税込) でお受けします。

「ファイナンシャルプランニング」などに関するお見積もり・ご依頼はこちらからお問い合わせください(*受付に関するご相談・お見積もりは無料です)。