「菊芋(きくいも)」の料理「菊芋(きくいも)ラム生姜ミネストローネ」

#菊芋 #料理 #foodstagram #food #foodie
菊芋(きくいも)ラム生姜ミネストローネ
菊芋(きくいも)ラム生姜ミネストローネ
(2020年)

<概要>

あすも あらた

・「菊芋」に加え、個性の強い「ラム」と「生姜」も使って、なにかできないか考えてみた結果、「トマトピューレ」も用意して、「ミネストローネ」風に仕上げることにしましたっ! 冬の寒~い日に嬉しい料理ですね。

・菊芋のイヌリン効果と食物繊維に期待ですね。生姜の免疫力向上、ラムのダイエット効果などにも期待したいですね。このように、色々な効能も期待できる、健康的な汁物料理です。

・菊芋は当店の農園産で、他の根菜は地元産です。

<食材>4杯分

・菊芋2個 ・生姜1個 ・キャベツ5枚程度 ・ラム肉1パック ・塩麹液少々 ・オリーブオイル少々 ・トマトピューレ1本 ・リンゴ酢少々 ・岩塩少々 ・コショウ少々

<調理>

菊丸くん

菊芋(きくいも)ミネストローネの食材です。

菊芋(きくいも)のミネストローネの食材です
菊芋(きくいも)のミネストローネの食材です
菊丸くん

菊芋(きくいも)ミネストローネの食材を仕込みます。

菊芋と生姜は、包丁の背で軽くこすると皮が剥けます。菊芋・生姜を一口大にカットします。

ラム肉は、塩麹液に(朝忙しいため)一晩漬け置きしました。漬け置き時間は、30分くらいでも大丈夫です。お肉が柔らかくなり、塩味もついていいですよ。

菊芋(きくいも)ミネストローネの食材の仕込みです
菊芋(きくいも)ミネストローネの食材の仕込みです
菊丸くん

ラム肉と生姜をオリーブオイルで中火により炒めて、焼き色をつけます。香ばしさと油カットのためですね。

ラム肉と生姜を焼き色がつくまで炒めます。
ラム肉と生姜を焼き色がつくまで炒めます。
菊丸くん

写真左のお鍋では、菊芋とキャベツの水煮をしています。同時進行、マルチタスクで時短ですねっ!

ラム肉と生姜に焼き色がついたら、お鍋に投入します。

焼き色がついたらお鍋に投入です
焼き色がついたらお鍋に投入です
菊丸くん

アクが少しだけ出るので、除去します。綺麗なスープになったら、トマトピューレ1本をそのまま投入します。リンゴ酢、コショウ、岩塩で味を調えます。

綺麗なスープになったら、トマトピューレ1本をそのまま投入します
綺麗なスープになったら、トマトピューレ1本をそのまま投入します
菊丸くん

あとは、リンゴ酢のきつい香りをお鍋のフタを開けて逃がしつつ、10分くらい煮詰めたら完成です。

リンゴ酢の香りを飛ばします
リンゴ酢の香りを飛ばします
菊丸くん

平皿にキレイに盛り付けると写真的にも良いですね。

また、このミネストローネは、リゾットなどにも転用が可能です。次回のネタになりますね!

菊芋(きくいも)ラム生姜ミネストローネ
菊芋(きくいも)ラム生姜ミネストローネの完成です
(2020年)
聖夜のドジっ子サンタさん

お~寒っ! あたたかそうでいいな~

菊芋さん

サンタさんも是非どうぞ、あたたまって!

「菊芋(きくいも)とは?栽培・保存・料理など」のコンテンツの「菊芋の料理」の記載に戻ります。